液タブおもろい

サッカー2018モノクロ
液晶ペンタブレット、最初線がガタガタになってどうしようかと思ってたけど、だんだん慣れてきました。
紙とGペンで描くのとはだいぶ違うんだなあ・・
フルデジタルで描いてみた3人娘。

ワールドカップおもしろいね!
スポンサーサイト

液タブ

液晶ペンタブレットが我が家にやってきました。
モニターに直接専用のペンで絵が描けるという優れものです。
昨日開封、今日はいじくり倒して慣れていくぞー!

今まで使ってた20年物のペンタブレット(初代intuos)も好きだったのだけれど。

薫風

nansou1.jpg
行ってきました、「南総里見八犬伝」ゆかりの地、南房総の富山(とみさん)。
岩井駅の前には伏姫(ふせひめ)と八房(やつふさ)の像。

物語の中で、犬の八房は飼い主である里見家の殿様に、「敵将の首をとってきたら伏姫を与えよう」と言われます。
すると敗戦濃厚な戦の中、八房は見事敵の大将の首をとってくるのです。あっぱれ八房!
しかし可愛い娘を犬にくれてやるのが嫌で約束を破ろうとする里見の殿様ですが(オイオイ)、
姫の説得もあって折れるしかない状況になります。
姫と八房は富山に分け入り、一人と一匹の暮らしが始まるのであります。

nansou2.jpg
八房かわいい(犬好き)

nansou3.jpg
伏姫様とお経の巻物。気品があります。

nansou4.jpg
nansou5.jpg
富山を少し登ったところにある、伏姫たちが暮らしたとされる籠穴(ろうけつ)。
中には物語の途中からの主人公である八犬士たちが持つ「仁義礼智忠信孝悌」と書かれた玉もありました。

nansou6.jpg
少し足を延ばし、館山城にも行ってみました。
薫風に泳ぐ鯉のぼりたち。

中は「八犬伝」資料館、江戸時代に出た版本や錦絵など、貴重な資料がたくさんありました。
絵がいちいちかっこいいです。名場面とされる芳流閣の決闘の大胆な構図と言ったらもう!
中は写真撮っちゃダメっぽかったんで、ここではお見せできませんが・・

nansou7.jpg
天守閣からの眺めがすばらしい。うっすら富士山も見えました。
すんげー風だったけどね。

体調が万全でなくゲホゲホ言いながらの日帰り旅行でしたが、大変満足しました。
家族も楽しんでくれたようです。なにぶん坂が多く、翌日の今もみな疲労の色は隠せませんが(笑)

いい刺激を受けたと思います。仕事に生かせるようがんばります!

南総へGO!

satomi2.jpg
しばらく体調を崩していたのですが、ちょっと元気になりました。
明日は家族ではまった「南総里見八犬伝」の舞台となった富山(とみさん)や、館山の方に行ってみようと思ってます。

satomi1.jpg
自分が読んだのは4冊にまとめてある子供向けのほうなんですけどね。
しかし子供向けと侮るなかれ、ぐいぐい読者を物語に引き込む見事な筆致でした。
すごく面白かったです。やはり時代を超えて残ってるものは違うなあ。

ちなみに友人に借りた岩波文庫版の方はまだちょっと・・(申し訳ない)
でもこちらの発表当時の文章や挿絵はやはり力強く、ほんの少し読んでみただけでなんだかわくわくしました。

聖地巡礼、楽しみです。体調がちと心配だけど。

夢幻花

mugenbana.jpg

東野圭吾さんの「夢幻花」(むげんばな)を読みました。
おもしろかったのでつい勢いでイラストまで描いてしまった(笑)
うーん、よくできてるねえ・・

東野さんは好きな作家、この本は自分的には「白夜行」や「流星の絆」に近い感じがしました。
トリックとか、犯人当てとか、そういうミステリー要素もいいんだけど、
その2作に通じるせつない感じがたまらんのだよね~。




プロフィール

ミッチェルタナカ

Author:ミッチェルタナカ
マンガ描いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード