シンホンカク

またミステリーを読み出したのは
新本格とか言われるムーブメントの頃です(終わりごろ)
京大推理研出身の綾辻さん、法月さんをはじめ
森博嗣さん、京極さん、むさぼるように読みました。
 
十角館、すべてがFになる、頼子の衝撃。
姑獲鳥の夏は最初読んだときなんだか訳がわからず、
2度、3度と読み直していくうちにその凄まじさがわかりました。
魍魎の匣はラストのほうで完全に関口になりきってしまって、
あの匣の中が見たくて見たくて仕方ありませんでした。
それはめまいのするような体験でした。
 
匣つながりで匣の中の失楽、
新本格のみなさんを推薦しまくりだった島田荘司さん、
そんな感じでどんどんさかのぼって読んだりもしましたね。
 
社会構造のひずみがどーのとか
そういう清張ちっくなのじゃなくて、
純粋に論理とか、華麗なるどんでんがえしとか、
そういうのが楽しかったですね。
 


スポンサーサイト
プロフィール

ミッチェルタナカ

Author:ミッチェルタナカ
マンガ描いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード