0から100

010kira.jpg
この前本棚を見て「ん?数字の付いたミステリー多いな。」と気づき、
もしかして・・と思って1から並べてみたらあるわあるわ、0まであるし(笑)
せっかくなんで紹介しますね。(敬称略)

「0の殺人」我孫子武丸。速水警部補シリーズおもしろい、笑える。
「一の悲劇」法月綸太郎。綸太郎シリーズは短編集も好き。「頼子のために」もいいです。
「二銭銅貨」江戸川乱歩。明智小五郎初登場だっけ?なんか最近これに似たの読んだな・・と記憶を手繰り寄せたら、三上延「ビブリア古書堂の事件手帳」の乱歩の回でした。
「三月は深き紅の淵を」恩田陸。恩田さんの文章は品がいいですね。
「パスワードとホームズ4世」松原秀行。子供向け、ちょっと甘酸っぱい。
「そして五人がいなくなる」はやみねかおる。夢水清志郎がバカでよい。
「六人の超音波学者」森博嗣。デビュー作「すべてがFになる」は衝撃でした。
「七つの棺」折原一。全部密室の短編集、各々一癖あり、かなり好き。
「八日目の蝉」角田光代。あ、ミステリーじゃないや。
「九月が永遠に続けば」沼田まほかる。この本超怖い・・。
「容疑者Xの献身」東野圭吾。Xってローマ数字の10でしょ?泣いたわコレ。
「百鬼夜行陰」京極夏彦。榎木津いいね、推理も捜査も無用の超絶名探偵!

8は我孫子さんの「8の殺人」がよかったか。
赤川次郎「三毛猫ホームズの推理」や綾辻行人「十角館の殺人」、コナンドイル「四つの署名」もあったな。
他にもあさればあるかも。
やっぱ好きだなあ、ミステリーは。
スポンサーサイト
プロフィール

ミッチェルタナカ

Author:ミッチェルタナカ
マンガ描いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード