ガリレオ

先日古本屋にガリレオシリーズ最新作が2冊置いてあったので、
思わず買っちゃいました。
以下内容に少し触れるので、未読の方はご注意を。
 
 
「論理の短編」集のほうはテレビでやったネタもありましたね。
トリッキーなのはガリレオや草薙、内海の外見的な特徴にあまり触れてないこと。
セリフや仕草でキャラは十分出てる。
これによってテレビシリーズを見て本を買った人は、
役者たちの顔、演技をイメージして読むことができます。
これ、うまい。内容もいいし。売れるよ、そりゃ・・・
 
「情念の長編」小説とテレビ版で、一番イメージが違うのは草薙。
昔「予知夢」「探偵ガリレオ」読んでたから、
テレビ版で「え?あのひとがやるの?」ってびっくりした。
で、この長編のほうは自分としては「小説の草薙」を思い浮かべて読みました。
大学出の性格の良いワトソン君、今回はいろいろ思い悩んでて・・。
でも北村さんをイメージしてもおもしろいかもね、ギャップが(笑)
内容的には、さすがです。
うまいなー、東野圭吾。
 
「新参者」も読みたくなっちゃったよ。加賀刑事好きだし。
これに関しては誰もオレに情報を入れないでくれ!
楽しみにしてるから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミッチェルタナカ

Author:ミッチェルタナカ
マンガ描いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード