松岡さん・・すごいです

松岡享子さんという人の
「えほんのせかい こどものせかい」という本を読む。
 
この人は日本の児童文学界の、第一人者的な人だったと思う。
その中の3匹のこぶたに関する考察が、
あまりにも秀逸であったので紹介させていただく。
 
子供の好む話に、昔話によくある3回繰り返すパターンというのがある。
「3匹のこぶた」「3匹のやぎのがらがらどん」などね。
「3枚のおふだ」なんかもそうなのかな?
なぜ子供はこのパターンを好むのか?
 
子供、特に幼児は茫漠混沌たるこの世界に生まれて
まだ月日が浅い。
何もかもわからず、てがかりもない世界・・
それは絵本の世界でも同じで、
新しい事件が次々起こる話だと
筋を追うのにアップアップになってしまうという。
 
でも同じパターンの話が繰り返されることによって、
子供は予想をすることができる。
「ああ、前のこぶたはわらの家がふきとばされたから、
今度も・・」
パターンがてがかりになるのだ。
そして予想が的中することにより喜びが得られる。
 
そして3度目の繰り返しのとき、
予想以上の出来事が起こる。
その驚きと興奮。
 
「このような効果を考えるとき、3回の繰り返しという形式が
どんなに子供の心にかなった完璧なものであるかを
思い知らされます。(中略)
子供たちは物語にひきずられていくだけでなく、
物語に参加することができるのですから。」(本文より引用)
 
他にも、ととのった形を快いと感じる心、
すなわち様式美への興味の芽生えなどにも触れています。
 
す、すげーよ、この人。
どんだけ子供のことよく観察してんだ。
子供たちと触れあい、その心を深く深く熟考していると思う。
 
心を解き明かす、心を動かすというのは本当に難しいこと。
しかもそれをここまで分析しておいて
「思い知らされます」といった表現からわかるように
謙虚に、決しておごらず・・
 
まるで星や原子の動きを丁寧に観測して
真理に近づこうとする科学者のようです。
どの分野でも、極めてるってすげーなあ。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミッチェルタナカ

Author:ミッチェルタナカ
マンガ描いてます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
シンプルアーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード